全ジャンルから検索
ビール・洋酒から検索
ブランデーから検索
コニャックから検索

【店頭】グロペラン ファン・ボワ No.69FOR SHIANNOYA, THE BOW BAR & BAR DORAS

【店頭】グロペラン ファン・ボワ No.69FOR SHIANNOYA, THE BOW BAR & BAR DORAS
GROSPERRIN FINS BOIS No.69 FOR SHIANNOYA, THE BOW BAR & BAR DORAS SINGLE CASK / CASK STRENGTH グロペランブランドを有する「ラ・ガバール社」はフランス西部シャラント・マリティーム県下、シャラント川左岸にあるフランス最古の町のひとつで交通の要地として発達したサントに本社を構える、1992年創業のネゴシアンです。 先代のJean Grosperrin(ジャン・グロペラン)氏は地元シャラントで、コニャックやワインを商社に紹介する生産者との仲介役を担ってきました。 そのビジネスの中で、日々家族経営の小さな蒸留所を訪ね、色々な生産者を商社に紹介していく傍ら、同氏は各セラーで卓越したコニャック原酒が眠っていることに気が付きます。 そうした優良原酒が大手メーカーに買われ、膨大なブレンド用の一原酒として消えていくのを常に目の当たりしており、いつしかそれらを主役として 扱いたいという思いにかきたてられました。 その後ほどなくして、価値を理解してくれる人達にそれらを届けたいという想いから、自ら最良の原酒達を買い付け始め、今あるグロペランの礎が築かれていきます。 その熱い想いは、1992年に良い原酒が集まり満を辞してラ・ガバール社を設立することで実を結び始めます。 1999年には遂に、それらコレクションを販売すべく、「ジャン・グロペラン コニャック コレクション」が誕生。これまで眠っていた素晴らしい原酒が少しずつマーケットに開放され始めたのです。 2004年からは息子のGuilhem Grosperrin(ギョーム・グロペラン)氏も合流。先代の意思をしっかり受け継ぎ、今では同ブランドの販売を一手に担っています。 ギョーム氏はオールジャンルのスピリッツに精通しており、もの静かな人柄ながら、哲学と信念も持った職人気質に溢れています。 さらには卓越したテイスティング能力と、樽の選定能力を持ち、そのセンスは現地の業界内でもサラブレッドのように光るものを感じさせます。 ブランド自体の歴史は浅いですが、それまでの過程で構築してきたコネクションや経験値が根底を支える、今後の動向も注目される質実剛健のネゴシアンです。 2017年秋、ギョーム氏が弊社を訪問。 その際に招請を受け、2018年5月にTHE BOW BAR本間氏、BAR DORAS中森氏と共に弊社スピリッツバイヤーが現地の同社を訪問することで実現した4者によるジョイントボトリング。 共に選んだのはファン・ボワ地区で1969年に蒸留された1樽。 特筆すべきはコニャック地方の平均標高が約20mのところ、こちらは標高約100mのバール村の石灰岩斜面で収穫されたブドウより生産されています。 そのスタイルはギョーム氏をして、優しく柔らかな口当たり、塩とミネラルを感じ、繊細で上品な甘酸っぱい果物を感じる味わいと高い評価をつけるところ。 今回はギョーム氏が彼らからこの樽を譲り受ける機会に恵まれ、コニャックでも極めて珍しい、シングルカスクからのカスクストレングスによるボトリングでそのままの味わいをみなさまにお届けできることとなりました。 『超熟ファンボワ原酒の真価、圧倒的なクオリティを体感することができる 極上の1本をこの機会にぜひご堪能下さい!』 ---Tasting Note --- 【香り】伽羅のお香、熟成した蜂蜜、熟れた葡萄、ネクタリン、奥深く甘い香りが上品に漂う。 【味わい】口に含むと、熟れた桃や完熟オレンジ、力強いトロピカルフルーツ、濃厚なプルーンジュース、ミード、フレッシュなミント、奥からベルガモットも感じる。 【フィニッシュ】フィニッシュは上品なオークのスパイスや岩塩、ランシオ(貴熟)香が鼻腔を抜けます。 【コメント】1970年代前半に蒸留された、とてもフルーティーなスペイサイドを彷彿させる味わいにコニャックの奥深さを改めて感じさせる1本。 -THE BOW BAR-  1995年12月、北海道、札幌すすきのにオープン。  海外からのゲストも絶え間なく数多く訪れ、24年目の歩みを進める世界的名店、THE BOW BAR。  数百種類を数えるシングルモルト、「天使のようなグラッパ職人」ロマーノ・レーヴィ氏のグラッパをはじめ、現地で厳選されたアルマニャックやコニャック、中には世紀を超える逸品すら並ぶ、オーナーバーマンの本間純矢氏が世界各国から直接目利きしたオールド&レアボトルに囲まれた空間は、飲み手にとってはまさに夢のような一時を演出します。  歴史的、伝説的なボトルが肩を並べる一生に一度は訪ねておきたい名店。 -Mr.Junya Honma-  2005年4月 東京・浅草でオープンし、2019年4月で14周年を迎える名店。  品揃えはコニャックだけではなく、シングルモルト、スピリッツ、リキュールの現地仕入れボトルや最新の話題作からオールドまでヨーロッパの洋酒文化に出会える幅広いボトル達。  また、オーナーバーテンダーの中森氏が現地で直接仕入れるやアンティーク調度品やマスター自ら作り上げるバーフードはその魅力を更に盛り立てます。  "DORAS"とはゲール語で「扉」を意味し、その”扉”の中のヨーロッパ各国に居るような非日常的な雰囲気を体感できる名店は、多くの飲み手やバーテンダー、ゲストを惹きつけて止みません。 -Mr.Yasutaka Nakamori- Region(地域) France/Cognac/Fins Bois Strength(度数) 54.8% vol. Volume(容量) 700ml
38,500 詳細と注文へ